2013外務大臣杯・厚生労働大臣杯ブラインドゴルフジャパンオープンチャンピオンシップ

ナンシーロペス.jpg

Nancy Lopez
(ナンシー・ロペス)
世界ゴルフ殿堂メンバー、ツアー優勝48回、メジャー大会制覇3回

ナンシー・ロペス

 LPGAツアー・メンバーの中で、新人王、プレーヤー・オブ・ザ・イヤー、ベア・トロフィー(年間最少平均スコア賞)を同一シーズンで獲得した、唯一のプレーヤー。ゴルフ界の頂点へ見事に登りつめ、プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを獲得した翌シーズン以降の10年間で、ツアー優勝48回、メジャー大会制覇が3回と実力を発揮し、その間4回、プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝く。1990年と2005年には、ソルハイム・カップ(米・欧対抗団体戦)アメリカ代表メンバーに選ばれ、2005年にはキャプテンを務めた。
 30歳になるまでに35勝を記録し、1987年に、世界ゴルフ殿堂入りを果たす。フロリダ州、ザビレッジで毎年行われる、障がい者のための、“ナンシー・ロペス・AIMチャリティー・ゴルフ・トーナメント”は、今年で30周年を迎え、その健在振りを示している。彼女はいまや、ハート・オブ・ゴールド(思いやりのある心)をもつ、明るく陽気で輝かしい競技者として伝説となっている。

Nancy Lopez became the only LPGA Tour member to win Rookie of the Year, Player of the Year, and the Vare Trophy in the same season. Lopez shot to the top of the golf world, in the decade following her Rookie of the Year season she amassed 48 Tour victories, three major championships, and was awarded Player of the Year four times. Lopez was named in the 1990 and 2005 United States Solheim Cup teams, and was Captain of the 2005 team.
Having already accumulated 35 victories by the age of 30, Lopez was inducted into the World Golf Hall of Fame in 1987. She continues to headline an annual golf tournament, the Nancy Lopez AIM for the Handicapped Charity Golf Tournament, in The Villages, FL now in its 30th year. She is a true legend, a cheerful and glorious competitor with a heart of gold.

ウェイングラディ.jpgWayne Grady
(ウェイン・グラディ)
1990年全米プロゴルフ選手権優勝

ウェイン・グラディ

 1978年に21歳でプロに転向。1990年の全米プロゴルフ選手権(四大メジャートーナメントの一つ)の優勝が、最も有名である。
1989年の全英オープンでは、プレーオフでマーク・カルカベッキアに敗れ、グレッグ・ノーマンと2位を分け合った。1984年に、クオリファイング・スクールを通じて、米国PGAツアーへの参戦権をはじめて獲得し、主として米国内でプレーして、そのほとんどの輝かしい経歴を積んだ。2000年から2006年まで、オーストラリアPGAツアーの会長を務めた。また、ゴルフコース設計事業を経営し、2000年以降は様々なゴルフ・チャンネルで解説者として活躍。
2007年7月に、全英シニア・オープンにおいてシニアデビューを果たした後、同年、米国内でのチャンピオンズ・ツアーに初出場。
USチャンピオンズ・ツアーにおいて引き続き活躍する一方、米国および母国オーストラリアにおいてゴルフの解説をして過ごす。
最近では、2007年と2008年の、ハンダ・オーストラリアン・シニア・オープンで優勝した。

Wayne Grady turned professional in 1978 at the age of 21. He is best known for winning at the 1990 PGA Championship (one of the four majors) . He was also the runner up with Greg Norman at the 1989 Open Championship after losing in a play off to Mark Calcavecchia. He first gained membership on the US PGA Tour in 1984 through qualifying school and he spent most of his successful career playing predominantly in the USA. He was the Chairman of the Australian PGA Tour from 2000 to 2006.
He also owns a golf course design business and has worked as a commentator on various golf channels since 2000. He made his debut on the Champions Tour in the USA in 2007 after debuting as a Senior at the British Senior Open in July. While still actively playing on the US Champions Tour, he also spends time commentating golf in the USA and at home in Australia.
He most recently won the 2007 and 2008 Handa Australian Senior Open.